社会保険を分かりやすく解説!

社会保険の知恵袋

労働基準法 社労士試験

【独学で目指す社労士合格】労働条件の原則 まとめ|労働基準法 第1条

更新日:

労働基準法
士業修
労働基準法の第1条は働く人(労働者)が人として価値ある生活を送れるよう、満たすべき労働条件を保障することを宣言した憲章的な規定だよ。労働基準法を理解する上で基本概念として常に考慮されなければならない内容だね!

第1条:労働条件の原則

士業修
まずは条文をチェックしよう!

第1条(労働条件の原則)

1 労働条件は、労働者が人たるに値する生活を営むための必要を充たすべきものでなければならない。

2  この法律で定める労働条件の基準は最低のものであるから、労働関係の当事者は、この基準を理由として労働条件を低下させてはならないことはもとより、その向上を図るように努めなければならない。

引用:労働基準法 第一章 総則
士業修
ポイントを整理しよう!

第1条第1項は日本国憲法第25条第1項の生存権の保障をふまえて、労働者に人たるに値する生活を営む必要を満たすべき労働条件を保障するという基本理念を宣明した規定ですね。

第1条第2項は、労働基準法内で定める労働条件の基準は最低限度のもので、労働関係の当事者に、この基準を理由とした労働条件の引き下げを禁止すると共にその向上を図るべき努力義務を定めています。

キーワード:労働条件

労働条件とは、賃金、労働時間のほかに解雇、災害補償、安全衛生など労働者職場におけるすべての待遇のことをさします。しかし、雇入れは労働条件に含まれません

キーワード:労働関係の当事者

労働関係の当事者には、使用者(会社経営者)及び労働者のほか、使用者団体や労働団体を含みます。

コラム
「しなければならない」と「努めなければならない」の違い

士業修
「しなければならない」と「努めなければならない」、同じような言葉に見えてその意味が異なるんだ。確認しておこう!

「しなければならない」とは義務付けをした規定です。そのため、この義務規定を守らない場合には、罰則が適用されることが多いです。一方で「努めなければならない」とは努力義務規定です。実際にそれをできなくても罰則が適用されることはありません。

規定の強さでいくと「しなければならない」>「努めなければならない」になります。

過去問題に挑戦

士業修
それでは「労働基準法 第一条:労働条件の原則」の振り返りとして社労士試験の過去問題に挑戦してみよう。問題文の内容が正しいか誤りか、誤っている場合はどの内容が誤りなのかを考えてみよう!

問題

第1問:平成28年過去問題

【問題】
労働基準法第1条は、労働保護法たる労働基準法の基本理念を宣明したものであって、本法各条の解釈にあたり基本観念として常に考慮されなければならない。

第2問:平成25年過去問題

【問題】
労働基準法第1条にいう「労働条件」とは、賃金、労働時間、解雇、災害補償等の基本的な労働条件を指し、安全衛生、寄宿舎に関する条件は含まない。

第3問:平成30年過去問題

【設問】
労働基準法第1条にいう「人たるに値する生活」には、労働者の標準家族の生活をも含めて考えることとされているが、この「標準家族」の範囲は、社会の一般通念にかかわらず、「配偶者、子、父母、孫及び祖父母のうち、当該労働者によって生計を維持しているもの」とされている。

答え合わせ

第1問:〇/正しい

労働基準法の理念を規定しています。また、このような法の理念に沿って、労働基準法の各規定を解釈しなければならないのは当然です。
問題文は正しいです。

第1問:×/誤り

「労働条件」とは、安全衛生、寄宿舎等も含めて労働者の職場における一切の待遇をいいます。
問題文は誤りです。

第3問:×/誤り

労働基準法第1条第1項にある「人たるに値する生活」とは、日本国憲法第25条第1項の「健康で文化的な」生活を内容とするものですが、社会通念(社会常識)を考慮して判断されます。
そこで、「人たるに値する生活」のなかには労働者本人のみでなく、その標準家族も含めて考えるべきとされ、その標準家族の範囲についても、社会通念によって判断すべきとされています。
問題文の「標準家族」の範囲は、「社会の一般通念にかかわらず、『配偶者、子、父母、孫及び祖父母のうち、当該労働者によって生計を維持しているもの』とされている」となっており、誤りです。

士業修
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

-労働基準法, 社労士試験
-,

Copyright© 社会保険の知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.